アフターピルが効いたのかどうかはどう確認できますか?

アフターピルの効果があったかどうか(避妊が成功したかどうか)の確認は、消退出血のあと月経があることの確認が必要です。いずれにせよ薬の作用中はホルモンのバランスが乱れるため月経の周期が乱れやすく、ほかが原因の出血が起こる可能性もあるので注意が必要があるので、いつもと違う気がするときはすぐにご相談下さい。

図:消退出血と月経の特徴

避妊が成功したかどうかの確認 -消退出血
アフターピル服用後、遅くとも2週間以内に起こり、2~3日間続く出血を消退出血といいます。薬を飲むことで薄くなった子宮内膜が急に剥がれて起こる少量の出血です。これが起こると避妊に成功した可能性は高くなります。消退出血が起こらない人もいますが、この場合でも、避妊に失敗したというわけではありません。月経予定日の前後に月経だと判断できるほど充分な出血があれば避妊に成功したといえます。排卵後のタイミングでアフターピルを使用した場合は消退出血がこないこともあります。

避妊が成功したかどうかの確認 -月経
アフターピルを飲んだ後の月経はふつう3週間程度でやってきますが、それによる充分な量の出血がみられれば避妊に成功したといえます。ただし、アフターピルはホルモンのバランスを大きく崩すため月経の周期が狂いやすく、月経が通常より早まったり遅れたりすることがあります。数日のずれであれば問題ありませんが、予定日を1週間以上過ぎても月経がこない場合には、念のため市販の妊娠検査薬でチェックすることが必要になります。

月経や消退出血以外の出血
消退出血は通常の月経の出血より量は多くありません。消退出血だと思っていた出血が、意外に多い、ずっと止まらないなどの場合は、不正出血や着床出血である可能性もあります。いずれにしても避妊が成功したかどうか、確実に判断できるのは次の月経がくるかどうかの確認を待つことになります。月経は一般的に3日以上続き、粘性のある黒っぽい血でが、消退出血や不正出血はサラサラとしています。

アフターピル服用後に生理がこなかったら
アフターピルの服用後に月経が来ないまま予定日を過ぎてしまうことは比較的よく起こることです。ただし、予定日から1週間以上、またはアフターピル服用後の3週間以上経過しても月経がこない場合は避妊が失敗した可能性が高くなります。予定外の妊娠が発覚して中絶の手術を希望される場合、あまり時間が過ぎてしまうと心身の負担が大きくなってきます。月経が1週間以上遅れている、妊娠検査薬で陽性になったという場合は、パートナーや信頼できる人とも相談して、できる限り早く婦人科を受診して下さい。(当院はオンライン診療に特化した施設のため、ご相談以外の対応は受けることができません)

アフターピル服用の失敗となる原因

避妊の対応ができなかった性交渉から120時間以降に服用した→問題の性交渉から120時間以降に服用すると、避妊率が低くなります。この薬は経過時間が短いほど高い効果が期待できるものですが、長くなってしまっても効果が全くないわけではないので、気づいた時点で相談しましょう。
レボノルゲストレルの服用時間ごとの妊娠阻止率は以下の通りです。

図:アフターピル服用のタイミングと避妊成功率

服用したあと2時間以内に嘔吐してしまった→副作用の吐き気によって薬の有効成分が吸収される前に嘔吐してしまうと、効果が得られない可能性があります。吐き気が出ても、少なくとも2時間は嘔吐しないように注意してください。吐き気がふだんある方は制吐剤を同時に使うこともあります。
効果を減退させるサプリメントや薬を飲んでいた→次の薬やサプリメントを併用すると、避妊効果が低下する可能性があります。一部の結核の薬、抗てんかん薬、抗HIVウイルスの薬、セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)を含むサプリメントなど。問診の際にはいま使用中の薬などを正確に申告して下さい。
服用の数日後、避妊なしの性交渉があった→アフターピルの作用で遅れた排卵にあたって、受精の確率が高まることがあります。
通販で購入したアフターピルが粗悪品だった→効かないばかりか、身体により悪い影響を与える可能性があります。
図:通販薬の問題点

アフターピルの服用が成功したかどうかは次の月経がくるまで判断できません。アフターピルは主成分であるエストロゲン(黄体ホルモン)を体に取り入れることで排卵を抑制・着床を防ぎ妊娠を防ぐ薬で、ホルモンのバランスに作用するため、服用後は月経周期がずれるのは珍しくありません。一時的に月経が早まる・遅れることがあっても、それだけで妊娠しているとは断定できません。アフターピルは望まない妊娠を避けるためあくまで緊急時に使用するもので、子供をもちたいと思うまで、普段は低用量ピルやコンドームを使用して避妊するようにしましょう。