低用量ピル・緊急避妊薬についてFAQ

診察などはありますか
問診票をご入力していただき、簡単な診察があります。
予約・診療は代理人でも可能ですか
処方薬の為、本人である必要があります。
保険証などは必要ですか
当院は自由診療の為必要ありません。
未成年・学生でも処方可能ですか
処方可能です。また保護者の同意書なども必要ありません。
受け取りは代理人または家族でも可能ですか
基本的に可能ですが、不在表からの受取は必要になります。詳しくはこちらをご確認ください。
ピルを飲み始めてどれくらいで避妊できますか
効果が表れるのはおよそ8日目以降です。
長期間ピルを飲み続けると妊娠しにくくなりますか
服用しても妊娠しにくくなることはありません。
低用量ピルと、緊急避妊薬(アフターピル)の違いは何ですか
どちらも避妊を目的とすものですが、緊急時に一回だけ服用するか、継続的に使用することで常時避妊の効果を保つのか、の違いがあります。
緊急避妊薬(アフターピル)は避妊を失敗してしまった性行為後(例:コンドームが破れた・望まない性行為だった)に使用します。
低用量ピルは毎日服用する事で、非常に高い避妊の効果が得られます。また、重い生理痛や肌質改善など副次的な作用も期待できます。

■低用量ピルについて

低用量ピルとはどのようなものですか
低用量ピルは毎日続けて飲むことで、避妊効果を得られます。卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンを外部から与えることで、排卵や着床を抑える作用があります。避妊の効果はほぼ完全で、コンドームや緊急避妊薬より確実性があります。
いろいろ種類があるようですが
当院で扱う低用量ピルは、有効成分レボノルゲストレルを含むもの(トリキュラーとその後発薬)は不正出血が起こりにくく安定した周期が作りやすいのが特徴、有効成分デソゲストレルを含むもの(マーベロンとその後発薬)は男性ホルモンの抑制効果が高く、大人ニキビなどの改善にも有効です。
21錠、28錠どちらを選ぶべきですか
どちらも目的・効果は同じです。低用量ピルは、毎日21日間飲んだあと7日間の「休薬機関」を設けますが、その間に飲む7錠の無害なダミー薬を含むのが28錠タイプです。ピルは定期的な服用が重要ですので、飲み忘れが気になる方は28錠タイプの使用をおすすめします。
低用量ピルの副作用はありますか
まれに起こる可能性のある血栓症の症状(痛み・腫れ・しびれ、息切れ、脱力・まひ、めまい、失神、目のかすみ、舌のもつれ、など)が現れたらすぐにご相談下さい。
ほか、飲み始めて約3カ月までに、不正性器出血が見られることがありますが、この経過次第で薬を変えてみることがあります。

■緊急避妊薬(アフターピル)について

緊急避妊薬アフターピルは効きますか
避妊をせず性行為を行ったあと72時間(3日以内)に服用すれば、高確率で妊娠を防げます。※妊娠阻止率81%(国内臨床成績)、84%(海外臨床成績)
望まない性行為は、体と心の両方に大きな負担がかかります。気になることがあれば、遠慮なくご相談下さい。
どのように効くのですか
有効成分である黄体ホルモンが排卵日の前後にかかわらず、受精卵を作らせないように作用、受精卵が成立してしまっても着床をさせないよう作用します。
性行為後、いつ飲みますか
アフターピルは性行為後72時間以内に1錠飲みますが、できるだけ早い方がよく、性行為後24時間以内が理想的です。72時間以降の服用でも効果は落ちますが、使うことはできます。
失敗する場合の原因は何ですか
アフターピルは服用して2~3時間後に薬の効果が現れ始めます。その間に吐き気と嘔吐があった場合には、成分を十分に吸収できず失敗する可能性があります。
また、服用後すぐに(薬の作用が始まる前に)性行為を行った場合も失敗する場合があります。
アフターピルの副作用はありますか
主な副作用として、不正出血、吐き気、頭痛、乳房の圧迫感、生理不順、傾眠、下腹部痛などがあります。これらは24時間以降に起こることが多く、通常は徐々に改善するのがほとんどですが、長く続く場合はご相談下さい。