アフターピルとはどのようなものですか?

アフターピルは望まない妊娠の可能性がある際に、緊急の措置として服用する経口避妊薬です。問題の性行為から、72時間以内に服用することで高い確率で妊娠の成立を防ぐことができます。しかし、なるべく早く服用しなければ避妊効果が低下していくので注意が必要です。これを飲むとことで排卵を止める、そのタイミングを遅らせる、くわえて受精しても着床をしづらくさせる作用があります。避妊が成功した場合はそもそも妊娠が成立していないので、中絶とはいえません。子供をつくる準備がまだ出来ていないと思われている方は日ごろからコンドームの装着や、低用量ピルの服用などで避妊を行っておく必要がありますが。しかし、いくら気を付けていても予期せぬトラブルが起こる場合もあります。このような場合には、落ち着いて、なるべく早く医療機関を受診し、アフターピルを正しく服用しましょう。

時間の経過と避妊の成功率

アフターピルを服用することで、高い避妊効果が期待できます。ただし、問題の性交渉から時間が経過するとともに、その効果は下がっていきます。当院で扱っている「レボノルゲストレル(ノルレボ)」は現在、国内で最も一般的に扱われているアフターピルです。この薬の場合、次の図のように問題の性交渉後から時間が経過するに従って、その効果は下がってゆきます。

アフターピル服用タイミングと避妊成功率
ノルレボ使用のタイミングによる有効率の経過

このため避妊の失敗に気がついたら、すみやかに受診して治療を開始することが大切です。アフターピルは、妊娠の可能性がある性行為から、遅くとも72時間(3日)以内に服用する必要があります。時間が経つほど避妊の効果が減少するため、可能なら24時間以内の服用が望まれます。

アフターピルの選択肢

現在、日本国内でもっとも一般的に使われているアフターピルは、服薬が1回で済む「ノルレボ」とその後発薬(ジェネリック)である「レボノルゲストレル」です。医師から薬の説明を受けた上で薬を受取ることができます。ほかの新しい経口ホルモン剤としての「エラワン」は、作用の有効期間がもっとも長く、問題の性交渉から120時間の猶予がありますが、国内では未認可のため当院では扱っていません。また、これらより前の世代薬であるヤッペ法と呼ばれる避妊法は、服薬が2回に渡ることと、副作用も比較的出やすいことから、こちらも当院では扱っていません。使いやすさと安全性の面から、当院では「ノルレボ(ノボノルゲストレル)」を扱っています。

アフターピルの種類
現在、国内で利用できるアフターピル

アフターピルの服用がすすめられる場面

注意はしているつもりでも、思わぬことは起きることがあります。もしそのような事態に遭遇しても慌てないようさまざまな場面を想定しておきましょう。
コンドームのトラブル
パートナーのコンドームが破れてしまったり、外れてしまったりした場合には、妊娠の可能性は当然上がります。パートナーや信頼できる人としっかりと相談して、妊娠を望まないようなら、72時間以内に病院を受診してアフターピルの処方を受けましょう。
性交渉のあとで膣の中を洗浄した
コンドームのトラブルが発生した後で膣内洗浄を念のため行った場合でも、妊娠の可能性は十分にあります。この場合も必要と感じたら病院を受診しアフターピルの処方を受けましょう。(普段から低用量ピルを正しく使用している場合は必要ありません)
低用量ピルの飲み忘れ
低用量ピルは規則正しい服用が大事ですが、2~3日以上の飲み忘れで場合により避妊の効果が得られない状態になっています。低用量ピルを飲み忘れた場合の対処はこちら→
低用量ピルの有効成分の吸収がじゅうぶんでない
消化器や呼吸器など体調が万全でなく、低用量ピルの有効成分の身体への吸収がじゅうぶん行われていないと、飲み忘れた場合と同様の対応をとる必要がでてきます。
性交渉中の記憶がさだかでない
おもに飲酒などで、性交渉中の内容をよく覚えておらず、あくる日に心配になってしまった場合も、気持ちを落ち着けて、必要であると感じたら病院を受診し、アフターピルの処方を受けましょう。
意思に反した性行為
意思に反した性行為や性暴力に遭遇し、普段から低用量ピルの使用をしていない場合にはただちに病院を受診し、アフターピルの処方を受けましょう。また、望まない性行為は体だけでなく、心の負担も大きくなります。可能な限り信頼できる人に相談し、心身を整えなおすことが大切です。
※性犯罪に遭った場合は、警察に連絡を行い、指定の医療機関で(当院は未指定)証拠の収集や公費で緊急避妊を受けることがあります。

アフターピルは服用のタイミングが重要です。効果は非常に高いですが、100%妊娠を回避できるわけではありません。もし子供をまだ望んでいなければ、日頃からコンドームや低用量ピルでの避妊に気をつけるようにしましょう。気持ちが穏やかでない場面での使用が少なくないと思いますが、パートナーや信頼できる人とも相談して、なるべく早く受診しましょう。