ヒメロスは媚薬?

ヒメロスは媚薬として使えますか ヒメロスを膣内に塗った場合、人によって基剤中の白糖の触感で熱感を感じることがあります。それに伴って心理的に膣内の感覚が増したような印象を与えるケースは考えられますが媚薬としての効果を目的と […]

続きを読む
ヒメロスの感触

ヒメロスを塗ったときの感触 個人差はありますが、基材の白糖の触感により塗布した部分にほんのりとした熱感を感じることがあります。また、塗布する部分に傷や湿疹、肌荒れがある場合はヒリヒリするなど何らかの刺激を感じる場合も考え […]

続きを読む
ヒメロスの原材料

ヒメロスの原材料について 有効成分 「日局」  エチニルエストラジオール 0.02% 「局外規」エストラジオール      0.06% エストラジオールは天然卵胞ホルモンのひとつで、エストロゲンの中で生理活性が最も強いも […]

続きを読む
ヒメロスとサプリメント

ヒメロスとイソフラボンのようなサプリメントの併用について 大きな問題は女性ホルモンの過剰摂取によって生じるがんや血栓症のリスクです。イソフラボンは様々ある植物性エストロゲンの一つですが、各サプリメントとヒメロスとの併用が […]

続きを読む
ヒメロスと多汗症

多汗症にヒメロスはききますか? ヒメロスは、更年期障害にともなう不定愁訴の一つとしての発汗や四肢の冷えに、不足している女性ホルモンを補充することにより改善を期待する薬です。多汗症の原因が更年期障害にともなう不定愁訴以外に […]

続きを読む
ヒメロスと豊胸

ヒメロスは豊胸目的で乳房等に塗っても大丈夫ですか? ヒメロスまたはバストミンは、あくまで低用量の女性ホルモンを短期間、間欠的に投与するのが目的で、恒久的な豊胸効果は期待できません。豊胸の目的ではヒメロスまたはバストミンは […]

続きを読む
ヒメロス・バストミンが男性に接触したら

男性パートナーへのヒメロス、バストミンの薬剤接触を防ぐには ヒメロス塗布直後に性行為を行った場合、男性パートナーの性器に付着して、パートナーに成分が吸収されてしまう恐れがあるため、万全を期すためコンドームの使用を推奨され […]

続きを読む
若い女性と不感症

若い女性の不感症への効能 ヒメロスには、不感症(性的刺激に反応できない身体症状)や冷感症(性欲が生じない精神症状、身体の一部に冷えを感じる身体症状)の効能が認められています。ヒメロスは女性ホルモンの分泌不足を補うものなの […]

続きを読む
ヒメロスと糖尿病

ヒメロスを糖尿病患者が使用する場合 女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲンと黄体ホルモン(プロゲステロン)に大別されます。ヒメロスおよびバストミンは、エストロゲンの軟膏剤で、指定第2類医薬品(市販薬)で、これまで糖尿 […]

続きを読む
バストミンは陰部以外に塗れますか

ほてりなどの更年期障害の改善のため、陰部以外に塗ってよいですか? バストミンは膣内部以外の場所(外陰部含む)への塗布を、べとつき感なく使用できるよう設計されているクリーム剤です。陰部への塗布に抵抗がある場合は腹部や外陰部 […]

続きを読む