ノルレボ錠について

世界で使われている緊急避妊薬(成分 レボノルゲストレル)添付文書

レボノルゲストレルが最初に作られたのは1960年代で、1980年代に避妊薬として使用され始めました。1999年にフランスで"NorLevo" としてフランスで正式に商品化され、以降、各国で正式に承認されました。世界保健機関の必須医薬品のひとつで、基本的な保健システムに欠かせない最も重要な医薬品になりました。

日本では2011年2月23日に緊急避妊薬ノルレボとして承認されました。一般用医薬品としては販売されておらず、2017年7月26日、厚生労働省の「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」で一般用医薬品への転換が検討されましたが、時期尚早として見送られました。

ノレルボ錠(あすか)

ノルレボ錠は2016年4月にあすか製薬から販売されている緊急避妊薬です。

主に性交渉を避妊をせずに行った場合に服用するお薬です。

 

用法・容量

ピルのように定期的に服用するお薬ではありません。性交渉から72時間以内に1.5㎎を1錠服用します。(なるべく早く服用します。また72時間を過ぎてしまった場合でも効果は落ちますが有効です)痛み止めのようなお薬です。

主な副作用

頭痛、傾眠、消退出血、不正子宮出血、悪心、倦怠感、浮動性めまい、体位性めまい、不安、月経過多、月経遅延、下腹部痛、頭痛、乳房圧痛、など

作用と効果について

1.子宮内膜の増殖を防ぐ

受精卵の子宮内膜での着床を防ぎ、受精卵となってしまった場合でも黄体ホルモンの作用により子宮内膜の増殖を防ぐとともに体温上昇を防ぐ働きにより子宮内膜での着床を防ぎます。

2.排卵を抑制する

黄体ホルモンの作用により排卵を抑制することで排卵日近くの性交渉で避妊をしなかった場合でも受精卵を作らせない働きをします。

併用注意薬

新規登録 ログイン