低用量ピル(OC)とは?

低用量ピル(OC:oral contraceptives)には女性ホルモンが有効成分として含まれています。経口避妊薬、とも呼ばれます。
黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類の女性ホルモンを合わせてできた錠剤です。 避妊の効果が99%以上あり、コンドームや緊急避妊薬よりも有効性が高く、生理痛や、月経前症候群(PMS)なども改善します。避妊法の中でも、特に避妊効果・安全性に優れていると言われ、毎日1回服用をすれば99%以上の確率で妊娠を防ぐことができます。

成分が漸増のタイプ トリキュラー ラベルフィーユ
成分が一定のタイプ マーベロン ファボワール

服用方法

毎日一定の時間に服用します。月経の第1日目から服用し始めます。
万が一服用し忘れてしまったら(1日以上)服用を中止して翌月の月経から再開します。なお忘れてしまうと妊娠する可能性が高くなるので飲み忘れないようにしましょう。

主な副作用

頭痛、下腹部痛、乳房緊満感、悪心、嘔吐、息切れ、過敏症、発疹、蕁麻疹、肝機能異常、浮腫

作用と効果について

1. 排卵の抑制
低用量ピルを服用すると、卵巣ホルモン(エストロゲン、プロゲストーゲン)の血液中の濃度が上昇し一定のレベルに保たれ、卵胞の発育・排卵が起こりません。

2. 子宮内膜が厚くならない
排卵が行われると妊娠の準備として子宮内膜が厚くなり始めます。しかし低用量ピルを服用すると排卵が抑えられるため受精卵が作られず、着床のために子宮内膜を厚くすることがなくなります。

3. 精子が子宮内に入ることを阻止する
通常であれば、排卵がおき、子宮の頸管粘液の分泌量、組成、精子が通過しやすいように変化します。しかし、服用により子宮頸管粘液の分泌量を減らし、粘性を高くするため、精子は頸管の中を通過することができなくなります。

新規登録 ログイン