レボノルゲストレルについて

レボノルゲストレルが最初に作られたのは1960年代で、1980年代に避妊薬として使用され始めた。1999年にフランスでNorLevo としてフランスで正式に商品化され、以降、各国で正式に承認されました。世界保健機関の必須医薬品のひとつで、基本的な保健システムに欠かせない最も重要な医薬品でです。ジェネリック医薬品として入手できます。緊急避妊のために必要な服用量の卸売価格は、0.23 - 1.65米ドルである。アメリカでは、あらゆる年齢層を対象に一般用医薬品として販売されています。

日本では導入が遅れ2011年2月23日に緊急避妊薬ノルレボとして承認された(アジアで認可していないのは日本と北朝鮮だけであった)。一般医薬品としては販売されておらず、2017年7月26日、厚生労働省の「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」で一般用医薬品への転換が検討されたが、時期尚早として見送られました。

用法・用量

性行為後、72時間以内にレボノルゲストレル錠1.5mgを服用することで妊娠を回避します。

併用注意薬
新規登録 ログイン