ファボワールについて

添付文書

ファボワールは先発薬であるマーベロンと同様に「避妊」目的で使用されるお薬で、飲み忘れなく正しく経口摂取をすることで、 高い確率で避妊することが出来ます。

ファボワールは「ファボワール21」、「ファボワール28」の2種類があります。どちらも避妊の効果は変わりませんが、錠剤数が21錠と、プラセボ錠を含む28錠とファボワール28の方が、錠剤数が多くなります。飲み続ける日数が違うため自分のライフスタイルに合わせて選択しましょう。

外観

21錠タイプ

28錠タイプ

作用と効果

ファボワールは第3世代1相性のデソゲストレルやゲストデン、エチニルエストラジオールの新しい黄体ホルモン剤を有効成分とした避妊薬です。

第3世代は第2世代で強くなってしまった男性ホルモンの作用を低減させるために開発されたもので、黄体ホルモンの作用をさらに強くすることで男性ホルモンの働きを抑えています。

避妊効果としては、正しく服用を続けることで卵胞の発育を抑えて排卵を抑制し、子宮内膜の肥厚を抑制することで着床を阻害する働きをします。また、子宮頸管粘液(おりもの)の粘性や成分を変化させることで、精子が頸管から子宮へ届きにくくなる働きによって妊娠を防ぎます。